男の人

うつ病と闘う準備を|セルフチェックや治療のことについて知ろう

再発防止のために

ハート

うつ病は再発する確率がとても高いです。治ったと思っていても、また再発したというケースも少なくありません。回復期と呼ばれる時期が危ないと言われていますので、油断は禁物です。回復期に入ると、自殺願望が芽生えることもあります。2・3年で再発する可能性が高いとも言われているので、注意が必要です。変わった様子がないか、家族がチェックすることも大切です。焦らず、ゆっくり治療していくことが大切です。再発を防止する方法としては、うつ病が治った後でも服薬を続けることです。維持療法と呼ばれる治療法ですが、抗うつ薬の服用を少しずつ減らしていくというものです。うつ病の状態にもよりますが、長くて数年かかるという場合もあります。

再発防止で大事なことが、ストレスをためないようにするということです。治療して治すことができても、うつ病を発症する前と同じような生活に戻ってしまうと、再発する可能性が高まります。仕事量が多い職場でしたら、誰かの助けを借りるようにする意識を持つことが大切です。自分一人で抱え込んでしまうと、処理ができないことに落ち込んだり、焦りを感じてしまいます。そのような状況が続くと、再発してしまうこともあるのです。一人で抱え込まないように意識するだけでも変わりますので、少しずつでも、周囲を頼る努力をしてみましょう。生活習慣も大事で、食事や睡眠の面でも気を付けるようにしましょう。うつ病の症状には、眠れなくなるというものもあります。家族がしっかり眠れているかということをチェックすることが大切です。眠れていないようでしたら、すぐに医師に相談しましょう。

うつ病が完治した後でも、再発防止のためには家族や周囲のサポートが必要不可欠です。生活習慣をチェックすることも大切ですし、職場の同僚・上司であれば仕事の負担を減らすようにサポートするなど、ストレスをためないように配慮することが大切です。何か一人で抱え込んでいるようなら、声をかけてあげたり、手伝ってあげたりというサポートがあるだけで気持ちが軽くなります。本人が治療に専念することもそうですが、家族や周囲の理解やサポートがないと再発してしまう可能性が高まります。それを避けるためにも、うつ病のことについて理解し、何かおかしな様子がないかチェックしておきましょう。