男の人

うつ病と闘う準備を|セルフチェックや治療のことについて知ろう

女性のうつ

悩む女の人

女性は男性に比べてうつ病になる可能性が高いと言われています。これは、女性特有の身体の変化が関係しているようで、月経や出産をきっかけに発症したという人も多いです。環境の変化による強いストレスでうつ病を発症することもあり、結婚をきっかけに引っ越したということがきっかけで発症することもあるのです。周りに相談する相手がいない場合や、仕事と家庭の両立に悩む場合など、きっかけは様々です。体調不良や更年期障害かと勘違いする女性も多いのですが、何か不調を感じたらセルフチェックをやってみましょう。インターネットでもセルフチェックを受けることができるので、すぐに確認できます。何よりも、すぐに病院で受診することが大切です。

大人だけではなく、思春期にうつ病を発症することもあります。月経が始まったり女性らしい身体つきになったりすることで、ホルモンバランスが変化していきます。ホルモンバランスが崩れやすくなることもあり、うつ病に繋がるのです。情緒不安定になりやすい時期でもありますが、さらにうつ病を発症すると気分の落ち込みが激しくなったり、暴力的になったりすることもあります。また、自分を傷つけようとする行為をすることもあるので、家族は異変がないかチェックすることが大切です。うつ病がきっかけで引きこもるということもありますので、少しの変化も見逃さないようにしましょう。何か異変を感じたら、受診して医師に相談しましょう。

出産後も、うつ病を発症する女性が多く、産後うつと言われています。育児が思うようにいかなかったり、夫や家族のサポートがなく、一人で悩んでしまうという方が多くみられます。また、出産後は体調にも変化があるので、疲れやすかったり、気持ちが落ち込みやすくなってしまうのです。うつ病を発症しないためにも、夫や家族にも子育てをサポートしてもらうよう協力を仰ぎましょう。うつ病の発症を防ぐためには、家族や周囲のサポートが必要不可欠です。発症したとしても病気について理解し、何が原因だったかを考えて、ストレス要因を減らすようにサポートしていくことが大切です。そして、定期的にセルフチェックをやる習慣をつけると良いでしょう。