日々の生活に疲れを感じているのなら チェックを受けてみませんか?

うつ病と闘う準備を|セルフチェックや治療のことについて知ろう

再発防止のために

ハート

うつ病は、再発する可能性が高いと言われています。回復期がとても危険ですので、家族や周囲の人が変わった様子がないかチェックしたり、一人で抱え込まないようにサポートすることがとても大切です。

診断と悩み

ドクター

セルフチェックでうつ病の発症に気づいたり、体調不良だと思って病院に行ったらうつ病と診断されたという人がほとんどです。うつ病と闘ううえで悩みはたくさんありますが、周囲のサポートを受けながら治療していきましょう。

治療に使われる薬

悩む婦人

うつ病と診断されたら、どのように治療をすすめていくかということが医師から説明されます。現在、うつ病の治療には抗うつ薬が主に使用されます。治療法も様々ですが、抗うつ薬も使用することがほとんどですので、どのような薬なのかチェックしていきましょう。抗うつ薬は、脳内のセロトニンとアドレナリンという物質を増やす効果があります。それにより、気分の落ち込みや抑うつ状態といった症状が落ち着きます。抗うつ薬を服用するときには、いくつかの注意点があります。服用を始めてもすぐに効果がでるというわけではなく、長くて6か月ほど経過したころから効果を感じてきます。しかし、個人差はありますが副作用の方が先にあらわれることもあります。そこで服用を止めてはいけません。副作用があらわれるということは、これから薬の効果がでてくるということですので、そのまま服用しましょう。抗うつ薬を服用しているときは、お酒とたばこを控えることで、効果がそのまま得られることができます。医師と相談しつつ、なるべく控えるようにしましょう。

次に、副作用にはどのようなものがあるかチェックしていきましょう。副作用があらわれる度合いは個人差がありますが、吐き気やめまい、眠気などが挙げられます。また、消化器にも影響しやすく、便秘や下痢の症状がでることもあります。強い副作用があらわれるようでしたら、すぐに医師に相談しましょう。自己判断で抗うつ薬の服用を止めるのはとても危険です。もっとひどい副作用の症状があらわれることもありますので、それを避けるためにも必ず医師の判断に従いましょう。

うつ病の治療には、抗うつ薬以外にも使用される薬があります。うつ病かどうかチェックする項目にもありますが、うつ病になると眠れなくなるなどの症状がでることがあります。それがひどい場合には、睡眠薬が処方されることもあります。ほかにも、強い不安を感じてしまう場合や、焦燥感を感じるという場合には抗不安薬が処方されることもあります。うつ病と診断されると、病気に対する不安や、対人関係の不安などを感じることが多くみられます。また、早く治したいという焦りが強くでることもあります。そのような場合には、抗不安薬が処方されます。症状には、急に気分が落ち込むというものもありますので、それを改善する薬も治療に使われることがあります。抗うつ薬の効果があまり感じられないときに使用されることが多いです。それぞれの薬のことを知っておくだけでも、服用に対する不安を減らしていくことができます。セルフチェックや病院でうつ病と診断されたら、担当医師の元、治療に専念していきましょう。何か気になることや不安なことがあれば、すぐに医師に確認しましょう。

発症しやすい環境

相談

うつ病を発症しやすい環境や、なりやすいタイプの人がいます。セルフチェックを定期的に行なうなどして、自分で気づくことも大切ですが、周囲の人たちもできるサポートから始めていきましょう。

女性のうつ

悩む女の人

男性に比べて女性の方がうつ病になりやすいと言われています。定期的にセルフチェックを行うことも大切ですが、思春期や出産後など、様々な場面で周囲のサポートが重要になってきます。